家族アルバム
 
/ 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 /

187.jpg

橋のたもとで
稲田堤時代。買い物,洗濯、炊事、育児…とママも大変でしたな。
142.jpg

橋の下で
休みになると近くの多摩川へ。
64.jpg

原町の二階廊下で
まだ車を持たないときだったので、帰省が一苦労。
47.jpg

敦子と淳
いつもの散歩道・多摩川のほとり。
171.jpg

貧しくとも
毎日が楽しく過ぎていきました、とさ。
69.jpg

多摩川で
菅から保谷に移るのは間もなく。
191.jpg

多摩川べりで
他に行くところないもんで
140.jpg

稲田堤の駅
時々は近くの読売ランドに行きましたが、入場料が高いので、周囲を歩いて帰ってくることもありました。
144.jpg

淳とママのお買い物
稲田堤駅前商店街への帰り道か。
146.jpg

堤で
馬場に行く途中だろうか。かなり大きな堤(溜め池)がある。
141.jpg

吉沢橋で
たしか岡山のN氏を見送った時の写真か。
138.jpg

パパと淳
たしか原町に向かう電車の中か。寒すぎる冷房について車掌と言い争った時かな。
143.jpg

渋佐の浜で
最近ではすっかり寂れてしまった浜ですが。
66.jpg

河原でお弁当。
二子玉川時代。すぐ側が多摩川で、毎日がピクニック。
145.jpg

百尺観音前で
休みで帰省してもとりわけ行きたいところもないので、これまでいったい何回この観音様を拝んだことか。
181.jpg

おどける二人
別に注文したわけでもないのに
225.jpg

1978年度新入生
前列左から4人目に、清泉始まって以来初めての全盲の学生赤沢典子さんがいる。卒業後愛犬コーラルと共にスペイン留学をし、帰国後資生堂に入社。現在は結婚して岩手県で二人のお嬢さんを加えて幸福に暮らしている。
32.jpg

一路パリへ
1980年夏、家族でスペイン旅行。子供たちにとって、この旅行中の唯一の宿題は、毎日日記を書くこと。
41.jpg

疲れ切って
パリ見物もこの辺になると疲労の色が濃くなる。
125.jpg

エッフェル塔と淳
それまで絵葉書でしか見たことのない風景。
127.jpg

セーヌのほとりで
ママはジプーシーの一団に取り巻かれてパニックになりました。
130.jpg

パリ最初の夜
疲れよりもむしろ奇妙な興奮がなかなか収まらない。
129.jpg

モンセラットにて
バルセローナ郊外の聖地。ベネディクト会修道院。聖イグナチオの修行の地。
124.jpg

午後のアルハンブラ
到るところから水の音が聞こえてきた。砂漠の民にとって文字通りの楽園。
131.jpg

アルコス・デ・ラ・フロンテーラ
セビリヤの友人F氏の別荘を訪ねてやってきました。

/ 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 /

- ImageAlbum -