家族アルバム
 
/ 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 /

126.jpg

ラ・コルーニャの修道院裏庭で
二人は何を見つけたのだろう?
122.jpg

アビラの城壁
聖女テレサの町、世界一城壁の美しい町。
123.jpg

城壁の外で
今から考えると、私たちの人生の欄外のような不思議な体験でした。
135.jpg

列車の中のキス
マドリードからサラマンカに向かう車中で退屈のあまりか、それともご乱心か。
128.jpg

トレビの泉で
後ろ向きにコインを投げ入れれば、もう一度ローマに来られるんでしたっけ?
132.jpg

カタコンベへの道で
初期キリスト教徒たちの地下墓地。
133.jpg

ローマの街角で
ホテル近くに政府機関があったせいか、夜中やたらうるさかった。
234.jpg

幼い穎美
2歳ころの穎美でしょうか。なにか棒を持って遊んでいるところです。ママはこの写真をいつも枕元に置いて眺めています。
199.jpg

八王子の我が家
ローンながら一度は終の棲家と思い定めた懐かしい我が家。
194.jpg

ソング・オブ・フラワー号
90年3月、バブル最後の時代。スウェーデン船籍の豪華客船のお披露目航海に、友人Uの計らいで夫婦でもぐりこみました。招待客ですからすべてロハ。
195.jpg

仮装舞踏会
夜な夜なご馳走と宴会。仮装では、ママはマリー・アントワネット風貴婦人(?)、パパはヤケクソでパンダに化けました。
196.jpg

現地の子供たちと
寄港する先々でVip扱い。警察署長の車がサイレン鳴らしてノンストップで先導。こんなことしてたら、日本人嫌われまっせ。
197.jpg

船上の二人
広々としたスウィートが用意され、二人はまるで竜宮城の浦島さん気分。
198.jpg

今晩も夜遊び
だから帰国早々天罰が下って、ママは夕食時に過換気症候群。救急車で運ばれましたとさ。
235.jpg

14歳の穎美と妹の楠
撫順の叔父さんの家で
236.jpg

生まれて初めての海老
内陸部の撫順近郊の山岳地帯生まれの穎美にとって、海老は珍しい生き物です。大連に出てきたばかりの21−21歳頃の穎美です。
294.jpg

埴谷雄高、吉行淳之介両氏
と、うちのばっぱさん
222.jpg

妹夫婦と
2005年7月10日。大連で前祝。妹の方が先に結婚しましたが、赤ちゃんも一足先にということらしいです。おめでとう!
223.jpg

無二の親友と
楽しいことも苦しいことも共に経験してきた親友です。いつか日本に遊びに来てください。
217.jpg

弟・盛博君
穎美の弟です。韓流スターに負けませんよ。大連から姉の結婚式のため撫順に向かう電車の中で。
220.jpg

車の側で
中国の結婚式風景も時代とともに変化あり。
218.jpg

両親と
日本の両親もここにいたかったのですが、残念。
219.jpg

親戚一同、壇上に
中国に新しい親戚ができて本当に嬉しい。
221.jpg

白い花嫁姿
晴天の野外ではまぶしいほどの白も室内ではしっとりと
215.jpg

可愛い姪
私もいつかきれいなお嫁さんになるんだ。

/ 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 /

- ImageAlbum -