家族アルバム
 
/ 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 /

152.jpg

ポカポカ春の日
まだ周りには一軒も家がありません。教会と幼稚園が全部見えました。
7.jpg

昭和34年原中同級会
昭和29年度の卒業だから、このとき私は大学一年生。管野精先生もまだお元気だった。
42.jpg

美子と戦利品
中高を通じて、ママは英語弁論大会荒らし(?)だったとさ。東北六県は言うに及ばず、三笠宮杯など全国大会でも名を馳せたとさ、めでたしめでたし。
201.jpg

1959年クリスマスで
洗礼を受けました。霊名マリア・ベルナデッタ。シスター大溝と代母さんと。
200.jpg

高一英語劇「ヴェニスの商人」
ポーシャ役で頑張りました。
57.jpg

着慣れぬ背広姿で
初台の学生寮には、さまざまな大学に通う学生たちがいて、カナダ人修道士の舎監を時に困らせながらも青春を謳歌していた。そんな面倒を引き受けていた修道士たちに感謝したい。
72.jpg

糠平温泉で
大学4年の夏、生まれ故郷帯広に行き、小学校時代からの友人進藤榮一君とテントを担いでキャンプに。川べりで熊の襲来を恐れながら朝を迎え、霧の中を彷徨ってやっとたどり着いた宿屋でのビールのおいしかったこと。進藤君は後、超高名な国際関係学の教授となる。
170.jpg

大学図書館前で
といって本を借り出した覚えも無いが…
86.jpg

大学の友人たちと
スペイン語の授業でひたすら「メカニカメンテ(機械的に答えろ)!」とハッパをかけられ、いいかげんウンザリ。
224.jpg

初台学生寮寮生一同
大学2年から2年間お世話になった。4年のとき上智の学生寮に移った。
169.jpg

真面目さを絵に描いたような
といって熱心に勉学に励んだというわけでもなかったが…
168.jpg

教会付属(?)学生寮
教会の二階部分が学生寮になっており、いろんな大学に通う学生たちが住んでいた。
149.jpg

原町での夏休み
今の家が出来てからすぐの夏休みか。大学2年生。
45.jpg

初台のR会経営の学生寮で
昭和34(1959)年10月。大学2年生。時おり悪友たちと深夜、門扉を越えて遊びに行ったたこともある。
192.jpg

こんな時代もありました
広島のI会修練院で
279.jpg

修練時代 その二
バッパさんが訪ねてきました
277.jpg

修練時代 その三
後方は第三修練院
280.jpg

名瀬に敏雄さんを訪ねて
昭和41年の夏、Mさんちの悪ガキ連れて
166.jpg

大学一年生
教科書を大事そうに抱えているので新入生でしょう。
62.jpg

学園祭での英語劇で主役
一度は演劇に進みたいとまで思った時期があったそうだ。良かった良かった「転落の詩集」を書かなくて。
180.jpg

藤枝の小川国夫さんを訪ねて
たしか三宅島から熱海経由でお邪魔しました。
164.jpg

福島、水神の家の庭で
左側には桃畑が広がっていました。
182.jpg

今日も真面目に
修道会を出て、さてこれからどう生活を立て直して行くか。
165.jpg

お出かけ
家のすぐ横には大きな川がありました。さて何川でしたっけ?
71.jpg

新米教師
大学を出たあとすぐ母校英語教師となる。

/ 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 /

- ImageAlbum -