★ モノディアロゴス(2003年)

1.虚実皮膜の論 32.夫君と妻君 63.200回になりました 94.ランペイ 125.今とここ
2.楽屋話 33.ブルータスお前もか 64.千字という絶対条件 95.スカスカの日本語 126.コナン・ドイル
3.絶交 34.ひき臼を首にかけて海に投げ入れられた方がいい 65.残酷であるということ 96.野馬追の里・原町市博物館 127.除湿機
4.古典への回帰 35.地球防衛軍 66.誰のキリストか 97.コオロギとキリギリス 128.わがニュー・シネマ・パラダイス
5.いつのまにか春が 36.イザベラ・バード 67.嫋々たる女児の泣き声 98.犬が星見る(己が分際を越える) 129.余暇
6.ほんとうに春が 37.ラテン語の錆び落し 68.酔生夢死 99.あすなろ福祉協力会 130.寂しさの果て
7.春が来るのに 38.共に愉快に生きる 69.おろおろおばあちゃん 100.青桐文庫 131.一周年まぢか
8.想像都市ブリュージュ 39.櫻の樹の下には 70.葉桜 101.棄民 132.世の終わり
9.君のことは決して忘れない 40.そぼ降る雨の中で 71.あといくつの約束が必要か 102.錦州まで 133.ここらが潮時
10.ケイトンズヴィルへ出かける 41.申告[深刻]な季節 72.パスキエ家の記録 103.広い突堤とDDT
11.なかぞらのいづこより 42.大衆の反逆と二人の美智子さん 73.年代記と情熱 104.ヤスシ君
12.春の雪 43.もううんざり 74.農村教師の夢 105.日系中国人
13.春の雨 44.素朴経験主義の陥穽 75.手帳とバイオリン 106.夕日と拳銃
14.ほんとに春が来た 45.花曇りの中で 76.思想の力 107.バッパさんの夢、大陸を翔ける
15.向こうはもっと春だった 46.いやーな感じ 77.どこから来てどこへ行く 108.月夜の啓示
16.ある徴兵拒否者 47.水の低きに就く如く 78.仮歯 109.Aちゃん
17.先祖返り 48.お富士さんはどこに…… 79.風の吹くまま 110.瓦礫の中で
18.鶺鴒(セキレイ)が遊ぶ町 49.記憶の不確かさ 80.ずーっと連休 111.世話になるタイミング
19.病牀二尺 50.銀の匙 81.風呂戦争 112.不思議な疲れ
20.巷に叫ぶ声 51.転居一周年 82.頑張り屋さん 113.遺骨を抱く少女
21.我が家の夕食 52.人間的に問題あり 83.土砂降り、のち快晴 114.ちょっと悲しい
22.ある反戦・反核運動家の死 53.ひ弱な反戦主義者 84.父のことなど 115.入梅
23.身の置きどころ 54.住所録の赤い印 85.箱入り息子 116.ちっぽけなアヴァンチュール
24.今日で何回目? 55.黄色い毛糸の子供服 86.吾一と次郎 117.おらほの知事さん
25.ペンは剣よりも弱し 56.ムクドリ 87.夕寝 118.衣食足りて
26.性悪なやつ 57.なんにも悪いことしなかったのに 88.浮舟城にて 119.あゝうっつぁし(鬱陶しい)
27.アンドロメダ忌 58.潰えた理想主義 89.古い住所録の中の名前たち 120.自分史から世界史
28.完璧な禁煙遂行者 59.ホテル「ブローカ」 90.語り継がれること 121.愛する姉さんへ
29.ある作家の死の周辺 60.不真面目な戦争ゲーム 91.私説聊斎志異 122.剃刀
30.なんて底意地の悪い! 61.楽屋話 92.なんとも鬱陶しい! 123.アリアドネの糸
31.バッパさんの独り言 62.改名届 93.貝塚ならぬ産廃塚 124.同級生

topページに戻る